入間市・所沢市・狭山市・飯能市(埼玉県西部地区)、東京都多摩地区をサービスエリアとする会計・税務・財務・法務のスペシャルリスト集団

メールでのお問合せはこちら
TEL:04-2964-8211

経営者の四季 第6回 トップが必要な情報とは何か

Vol.6

トップが必要な情報とは何か

 トップが必要な情報とは何か

ドラッカーは、経営者の条件(P.11~12)で次のように述べています。

「成果は機会から生まれる。組織の内と外に変化を見つけ、機会として使えるかどうか考えなければならない。


特に次の7つの状況を精査しなければならない。

(1)自らの組織と競争相手における予期せぬ成功と予期せぬ失敗

(2)市場、プロセス、製品、サービスにおけるギャップ

(3)プロセス、製品、サービスにおけるイノベーション

(4)産業構造と市場構造における変化

(5)人口構造における変化

(6)考え方、価値観、知覚、空気、意味合いにおける変化

(7)知識と技術における変化


問題に圧倒されて機会を見失うことがあってはならない。

(中 省略)

問題を検討するのは、機会を分析しその利用の仕方を決めてからすべきである。

機会に焦点を合わせるには人事が重要である。

一流の人材に、問題ではなくて機会を担当させなければならない。」


過去の問題と未来の機会(未来型問題)を分けて対処しなければならないと述べています。

ドラッカーが上記著書で述べている「成果を上げる8つの習慣」を紹介するとともに、それぞれの問題解決の技法を説明します。

環境変化の激しい今日、経営者の問題解決能力、特に戦略的・未来型問題解決能力が、会社の命運を決定します。