入間市・所沢市・狭山市・飯能市(埼玉県西部地区)、東京都多摩地区をサービスエリアとする会計・税務・財務・法務のスペシャルリスト集団

メールでのお問合せはこちら
TEL:04-2964-8211

コラム

 資金会計(2) 資金収支決算書

資金収支決算書について

「儲かっているのに、なぜかお金がない」とほとんどの社長さんが疑問に思っています。

現行の会計制度は、利益とお金の動きとが一致しません。そのため、近年CF計算書が導入されました。


CF計算書は、一会計期間のCASHの動きを営業活動、投資活動、財務活動の活動区分別に表示し、活動状況を表したものです。

即ち、当期に於いて営業活動によって、どれだけCASHを稼ぎ出して先々リターンの期待をもてる投資をしたか、資金の調達に無理はなかったか、を検討するためのものです。

直接法→営業取引規模が分かる 間接法→利益の内容が分かる


しかし、CF計算書では利益の内部蓄積状況の把握ができませんでした。

また、創業以来の資金収支の結果も表せませんでした。


これらの会計上の弱点を補強するために、資金収支決算書を提供していきます。

経営成績財政状態が一目瞭然に分かるようになっています。


①P/LとB/Sをひとつにした決算書です。

②収入(調達)と支出(運用)=資金残高を表した決算書。P/LとB/Sの科目で表示。

③経営成績が分かります。

④財政状態が分かります。

⑤財政体質を強化し強い会社を作ることができます。

⑥創業時からの累積利益が、どのような状態にあるか分かります。

⑦資金の流れが明確に分かるCF業績表です。

資金収支決算書の構造

資金を5つに分けて表示します。

会社に残ったお金を「利益剰余資金」としての「自社資金」と、「その他資金」の2つに分けます。「その他資金」は、性格と内容によって、さらに「長期固定資金」「営業立替資金」「短期流動資金」「調整資金」の4つに区分していきます。

①利益剰余資金

内部留保を含め、設立以来の損益を集めた資金です。この資金だけが自分で稼いだお金であり、本来会社に残るべき、残すべき性格のものです。会社はこの資金を最大にすることを目標におきます。

②長期固定資金

資本金や長期借入金を使って、設備投資し、商品在庫を持つなど、企業規模を拡大するサイクルの原動力となる資金です。固定資産の上手な運用、適切な調達はいい結果を次々と生み出します。一方、過剰投資や資金不足で会社が危ない状況に陥るのも、固定資産のつまづきが元です。最も注意すべき資金です。

③営業立替資金

売上代金の回収と仕入代金び支払いの差額により発生した資金で、サイトの勝ち負けと滞留がポイントとなります。

「勘定あって銭足らず」とは、「利益剰余資金」がプラスで、「営業立替資金」がマイナスの資金状態を表したものです。

④短期流動資金

短期的な資金の収入と支出の差額から発生した資金と、営業に直接関係のない資金と支出の差額です。

⑤調整資金

運転資金の過不足を調整する資金で、短期借入金と割引手形での資金調達が中心となっています。

資金収支決算書の作りは上記の通りです。

資金収支決算書の成り立ち

資金収支決算書は貸借対照表(B/S)と損益計算書(P/L)を1つにしたものです。

B/Sの内訳を並び替え、P/Lと合体したものが『資金別貸借対照表』と呼ばれています。

さらに『資金別貸借対照表』を反転させたものが『資金収支決算書』です。

資金別貸借対照表と資金収支決算書

『資金別貸借対照表』と『資金収支決算書』のフォーマットをご紹介します。

左が『資金別貸借対照表』、右が『資金収支決算書』です。


資金収支決算書

『資金収支決算書』の内容・解説は下図の通りです。   
⇧上の『資金収支決算書』の画像をクリックするとエクセルファイルが開きます。『資金収支決算書』のサンプルをぜひご活用ください!

 当事務所の採用システム

【資金会計】

1.資金の種類を(1)流動資金(運転資金)(2)固定資金(3)総資金 の3つに分け、その状態と運動を表す資金計算書を提供しています。

2.資金収支決算書は、流動資金と固定資金の状態を表し、企業の資金の安定度を金額で表しています。

その他運動を表す資金収支運動決算書も用意するとともに、総資金の運動を表す変動貸借対照表も提供しています。

3.さらに、資金収支決算書(群馬県の藤沼先生が考案)を改良して、資金の充実度、運転資金額を欄外表示するとともに、資金の状態をAA~Dで格付判定を行い、”資金指導”をし、資金の健全化に寄与しています。

4.まとめると、資金の種類に応じて次の資金5表を提供しています。

  ①直接法のキャッシュ・フロー計算書

  ②変動貸借対照表

  ③運転資金計算書

  ④資金収支決算書

  ⑤資金収支運動決算書